縮毛矯正をやめた理由。

海辺の天パ天然パーマ

モニークです。

私は、小学校5年生から縮毛矯正をかけ続けてました。

18歳くらいの頃から縮毛矯正をやめたいなと思いつつ
祝も矯正をやめる方法を模索して、また縮毛矯正をかけて
25歳くらいの頃にやっと脱縮毛矯正がしっくりきました。
このブログでその時のあれこれを書こうと思ってますが、
まず縮毛矯正を辞めた理由を書いていこうと思います。

①数カ月に1回、美容室に何時間も座り続けてお尻が痛くなる


私の場合は1回美容室に行くと半日とか余裕で拘束されてました。
美容師さんとの会話もきつくなるし、
雑誌も読み終わったのがもう一回まわってきたりしてました。
この時間が毎回苦痛でした。

②根元が生えてきてすぐカクっと変な感じになる。


私の場合はほんと、髪の毛が伸びるのが早くて1週間とかで若干カクっとしてくるんです。
よく縮毛矯正をするとぺったんこになるって言うけど
1週間で根元が立ち上がるからペタッと感はさほど気にならなかったですね。
その代わり、カクっとするみたいな。

③お金がかかりすぎる


 最大の理由はこれかもしれない。
 カラーとかとセットにして毎回2、3万かかってた。

④痛みすぎて施術を断られることがある。

これ、結構きつかった思い出です。
 カラー+縮毛矯正を続けてると髪が痛みすぎて
 たまに新規開拓で行ったことない美容室に行ったら
 痛みすぎてできません帰ってくださいってなるんですよ。
 ショックすぎてきつかったなぁ。

⑤精神的にキツイ

自分を否定してる気持ちになる。
量産型というか、みんなと同じような髪型が正しいみたいな
皆に変に思われないように縮毛矯正をして、
皆に変に思われないようにそれなりにお洒落してって。
縮毛矯正をしてから、雑誌に載ってるような髪型もできるようになって
すごくファッションが好きになって、楽しかったけど
でも何か、違うって気がしてた。

こんな感じです。
今はやめて良かったなと思ってます! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました